すっぽん小町は白髪やツヤ潤いの改善にもいいって本当?

たくさんの口コミを見ていると
「髪に潤いが出た」とか「ゴワゴワの髪がしっとりサラサラヘアになってきた」とか
髪の毛にもいい結果が出たというコメントを見つけます。

 

美肌を期待したり健康増進のつもりだったのに
思わぬ副産物に喜んでしまいますが、なんで髪の毛までなんでしょう?

 

 

 

皮膚の再生を活発にさせるすっぽん小町

以前別の記事でお話ししてますが、すっぽん小町を飲んで
体の中でアミノ酸がコラーゲンに変化した後、そのコラーゲンが
実は髪の毛を育てる細胞を保護する働きがある事が
わかっています。

 

 

 

 

↑こちらで詳しくお話しているので、あわせて読んでね↑

 

 

 

わたし達の皮膚の中にあるコラーゲンは
体全体を網目の様におおっていて、水分と油分を保っています。

 

 

 

皮膚のコラーゲンの構造

 

コラーゲンが体の中にある水分の上から
フタをしていると考えてください。

 

コラーゲンが豊富にあると皮膚にハリがあってシワも目立ちにくいです。
ある研究者は、シワの仕組みの一つはコラーゲンが少なくなった部分に
ミゾができる事が原因といっています。

 

この働きがあるおかげで
乾燥やシワを防いでいてくれたりしますが
それだけじゃなくて、健康な髪の毛を生み出す細胞を守ってくれる
働きがあることで、髪を生み出す細胞が元気に活動してくれる
環境づくりにも一役かっているんですね。

 

髪の毛を作る細胞が元気であれば
白髪の原因「メラニン色素を作る機能」がなくならず
ツヤ、潤いが出るというのも分かりますね。

 

コラーゲンをからだの中で作るには?

また、みんな知っているように
年齢が高くなるにつれて、コラーゲンの量はどんどん減っていきます。

 

 

 

加齢によるコラーゲンの減少カーブ

 

 

↑ あなたはの今はどの辺りですか?

 

 

コラーゲンは食品として直接食べても
吸収されづらく、意味が無いとされています。
あくまで体の中で作り出すことが大事です。

 

コラーゲン自体がいろんな種類があるようなので
役割ごとにそれぞれの場所で作られることが意味あるんです。

 

そんなコラーゲンの材料となる「アミノ酸」を
すっぽん小町で補給して、若々しく元気な毎日を過ごしてください!

 

⇒ すっぽん小町でとったアミノ酸がコラーゲンにかわる!?